【内定者が選ぶ】新卒エンジニア向けのおすすめエージェント3選

【内定者が選ぶ】新卒エンジニア向けのおすすめエージェント3選

くるみ

新卒エンジニア向けのエージェントって結局どれがいいの?
ということで今回は

  • エンジニア志望だけど就活が中々上手くいかない
  • 新卒エンジニアに特化したエージェントを探している
  • 色々エージェントあるけど結局どれがいいの?

という方に向けて「新卒エンジニア向けのおすすめエージェント3選」をご紹介します。

全て僕が実際に利用したものになるので、参考になれば幸いです⸝⸝- ̫ -⸝⸝

ブログ主

早速いってみよう!

就職エージェントを決める上で気にすべき点

「そもそもどういうエージェントが優良って言えるの?」という方に向けて、「利用するエージェントを決める上でここだけは気にしておくべき」という点を見ていきましょう。

優良企業数

優良企業数

持ち合わせている企業の数も大事ですが、優良企業がどれだけあるかは気にしておくべきでしょう。

ちなみに、そのエージェントのHPのトップページなどに大きく掲げられている「紹介実績」の様なものだけを見て判断するのはあまりおすすめできません。
なぜならそういった風に堂々と掲載する企業はトップレベルに優良な企業のみだからです。

そういう有名で人気な企業は倍率も高いからね

くるみ

上から見て目に入る優良企業の面子だけを見るだけでなく、紹介される企業を全体的に見た場合の質がどうなのかをしっかりと確認しておきましょう。

選考対策の手厚さ

ですがいくら優良な企業を紹介してもらっても選考を突破できなければなんの意味もありません。

そこで大事になってくるのが選考対策。一人では限界がある選考の対策をどれだけ手厚く行ってくれるかが重要になってきます。

以下の様な対策を行ってくれるエージェントは手厚いと言えるでしょう。

  • 企業ごとに選考突破のコツを教えてくれる
  • 選考があるごとに対策面談を行ってくれる
  • 過去の傾向から頻出の質問を教えてくれる

ここもエージェントによってピンキリなので要確認です。

アドバイザーの知識

アドバイザーの知識

担当者の方が以下に当てはまっているかどうかも一つの指標になってきます。

  • その業界に詳しいかどうか
  • 技術的な知識を持ち合わせているか

業界に対する知識が豊富なアドバイザーであれば「業界平均で見て〇〇はどうなのか」と尋ねることもできますし、業界の裏などのぶっちゃけた話を聞けることもあります。

技術の道に明るい人であれば、その企業での技術的な話だけでなくポートフォリオを添削してもらいアドバイスをもらえる可能性も。

前者は最優先として、両方兼ね備えているアドバイザーが担当してくれることが理想ですね。

レスポンスの早さ

レスポンスの早さ

多くのエージェントではLINEなどのようなチャットツールと用いて担当者とコミュニケーションをとるのですが、そこでの担当の方の返信の早さは選考の進み具合にも影響してきます。

返信が遅かったり連絡が一向に来なかったりすると、「この間の選考結果まだかな」「以前に応募する旨を伝えた企業の今後の選考どうなってるんだろ」と不安になりますよね。

レスポンスが早いに越したことはありません。選考が滞らないためにもこの点も意識すべきでしょう。

親身さ

「親身さ」というのは要はアドバイザーの方が学生の意志・キャリアを第一に考えてくれているかどうか、ということです。

その学生が描くキャリアのために寄り添って対応してくれるエージェントもあれば、中には成果報酬のために学生がどこかの企業の内定をとった場合そこを承諾するように勧めてくる、はたまた強要してくるエージェントも中にはあります。

他人本位にならず「能動的な就職活動」で納得内定を得るためにも、自分を担当してくれる方がどの様な方かは事前の面談で見極める必要があります。

いざという時に担当者を変更できるかどうかもチェックしておこう

くるみ

新卒エンジニア向けのおすすめエージェント3選

以下の3つが、新卒でエンジニアを志望する方におすすめの就活エージェントになります。

  • レバテックルーキー
  • キャリアセレクト
  • エンジニア就活

実際に全て利用した僕が、それぞれの特徴と利用してみての感想を綴っていきますね。

レバテックルーキー

レバテックルーキー

レバテックルーキー」はレバテック株式会社が運営する就職エージェントです。

テレビのCMでよく聞くフリーランス向けのサービス「レバテック(イケボ)」の派生のようなもので、新卒エンジニアに特化したエージェントになります。

特徴

  • Web系企業の求人が圧倒的に多い
  • 選考対策が手厚すぎる
  • レスポンスが早い
  • 学生のキャリアを最優先に考えてくれる

一般的にエージェントでは自分に一人担当者が付く場合が多いかもしれませんが、レバテックルーキーでは企業選びや自分のキャリアについてはキャリアアドバイザーと、選考対策に関してはその企業ごとの担当者と、といった風に分かれています。

なのでそれぞれの方がその分野の知識に精通しているため、相談もしやすいですし提供してくれる情報の質も高いです。

更に選考対策が手厚いのも特徴。正直これが一番のメリットだと思います。

というのも選考があるごとに以下のようなことを行ってくれるんです。

  • その面接で見られているポイントやよく聞かれる質問をまとめたものを送付してくれる
  • 対策面談を実施してくれる
  • 通過率なども教えてくれる(こともある)

そう選考があるごとに、ですよ。これがかなり大きい。

選考フェーズごとに対策法を変える必要がある企業なんかの場合ですと本来対策が難しいですが、このように毎回面談があることによってそういった不安点も解消されます。
そして何より、担当者の方と一緒に一歩一歩踏みしめながら階段を上っていく感じがして安心感に繋がりますよね。

更にその中で、フィードバックを聞けることもあります。(企業によりけりですが)
就活でよくある「なんで落ちたのか分からない…理由を教えてくれれば次に活かせるのに」という事態を防ぐことができるのは本当に有難いですよね。

だから選考通過率も高くなりやすいんだね!

くるみ

極め付けはレスポンスの早さです。やりとりはLINEのチャットで主に行うのですが、基本的にその日のうちに返信が返ってきます。

評価

評価をまとめると以下の通り。

優良企業数
(3.0)
選考対策の手厚さ
(5.0)
アドバイザーの知識
(4.0)
レスポンスの早さ
(4.0)
親身さ
(5.0)
総合評価
(4.5)

ぶっちゃけると、「レバテックルーキー」は迷ったら取り敢えず選んでおいて間違いないエージェントです。

登録から内定獲得までの流れや、実際に僕が利用した際の話については以下の記事でまとめているので詳しくはそちらを。
レバテックルーキーは評判通り?新卒未経験が実際に利用してみた【内定獲得】レバテックルーキーの評判と新卒未経験が利用してみた感想

キャリアセレクト

キャリアセレクト
キャリアセレクト」は株式会社ローカルイノベーションが運営する就職活動支援サイトです。

まだ歴史が浅くそこまで知名度は無いサービスかもしれません。

特徴

  • 自社開発をしているWeb系企業の求人が多い
  • アドバイザーの方の経験・知識が豊富
  • 限定のイベントに参加できる

実際僕を担当してくれた方はITメガベンチャー数社の人事としてエンジニア採用を担当されてきた方で、選考の裏側や面接官が見ているポイントについてなど貴重な情報を教えてくれました。

更にプロフィールページからイベントに参加できる点も大きいです。
イベントの内容は様々で、社員と話せる座談会であったり、ユニコーン企業の採用責任者による面接講座などなど。

エンジニア向け就活サービス「サポーターズ」をイメージしてもらえると分かりやすいしれません。

イベントに申し込めるのは魅力的かも

くるみ

ですが選考対策に関しては正直万人が満足できるものではなく、前日に面接官の着眼点や聞かれやすい質問が送られてくる程度でした。(これだけでも十分有難いんですけどね)

ちなみにレスポンスもそこまで早くありませんでした。あくまで憶測ではありますが、社員があまり多くないことから一人の担当者が沢山の学生を担当しているため、対応が遅くなっている可能性があります。

評価

キャリアセレクトの評価をまとめると以下の通り。

紹介企業数
(3.0)
選考対策の手厚さ
(2.0)
アドバイザーの知識
(4.0)
レスポンスの早さ
(1.5)
親身さ
(4.0)
総合評価
(3.0)
どちらかというとWeb系企業を見ている方におすすめのエージェントで、レバテックルーキーと合わせて利用するのが賢い立ち回り方ではないでしょうか。

詳しい体験談や評判を知りたい場合は以下の記事をどうぞ。
キャリアセレクトの評判と実際に利用してみた感想【新卒未経験】【信頼できる?】キャリアセレクトの評判と実際に利用してみた感想【新卒未経験】

エンジニア就活

エンジニア就活

特徴

  • SIerの紹介数が多い

紹介される企業の多くがSIerやSESの企業で、逆にWeb系は本当に少ないです。

最初から「自分はSIerに行くんだ」と決めている方はおすすめですが、「Web系企業しか見てない」という方からすると希望通りの企業に巡り会えない可能性が高いので注意したいところ。

評価

エンジニア就活の評価をまとめると以下の通り。

紹介企業数
(3.0)
選考対策の手厚さ
(2.0)
アドバイザーの知識
(3.0)
レスポンスの早さ
(2.0)
親身さ
(2.5)
総合評価
(2.5)
正直、他の2つのエージェントと比べると「少しお堅いな」と感じました。(紹介される企業の多くがSIerだったからかもしれませんが)

まとめ

以上、内定者が選ぶ新卒エンジニア向けのおすすめエージェント3選でした。

まとめると以下の通り。

  • とりあえずレバテックルーキーは登録しておいて間違いなし
  • Web系企業を見ているならキャリアセレクト、SIerならエンジニア就活も合わせて登録するのがおすすめ

「就活まだまだ先だから動き出すにはまだ早いかな」という方や「現在就活真っ只中だよ」という方でもまずはレバテックルーキーへ登録するのがベストな立ち回り方かなと思います。

利用自体は無料ですし、いざとなったら相談だけして選考を受けないことも可能ですからね。

参考になれば幸いです!では⸝⸝- ̫ -⸝⸝

コメントを残す

CAPTCHA