【単語帳いらず】Googleスプレッドシートで暗記用のフラッシュカードを作る方法

【単語帳いらず】Googleスプレッドシートで暗記用のフラッシュカードを作る方法

くるみ

スマホとかじゃなくPCで暗記用の単語帳を作る方法ってある?
ということで今回は

  • PCで使えてかつ単語帳の代わりになるものを探している
  • スプレッドシートを単語帳代わりにしていたが、それをもとに暗記用のフラッシュカードを作りたい

という方に向けて、Googleスプレッドシートで暗記用のフラッシュカードを作る方法を解説します。

本記事を参考にすれば、ペラペラとめくって覚える単語帳をPCでも簡単に再現することができます。

単語帳の完成イメージ

単語帳の完成イメージ

今回作る単語帳(フラッシュカード)はこんな感じ。

パワポのスライドのように、クリックしたりキーを押下したりして次のスライドに進ませることで、単語帳のように使うことができます。

スライドの完成イメージ

仕掛けは単純。GoogleスプレッドシートとGoogleスライドを用いて、対になる言葉を表示したスライドを順に配置しているだけ。

上のはあくまでサンプルなので簡素なデザインになっていますが、凝ればもっと暗記用のフラッシュカードとして完成度を高くすることも可能です。

スプレッドシートで暗記用のフラッシュカードを作る方法

方法はとても単純で、「スプレッドシートとGoogleスライドを何となく使った事がある」というレベルでも簡単に作ることができます。

ということで早速作っていきましょう。

step1
単語帳のリストを作る

単語帳のリストを作る

まず初めに、Googleスプレッドシートで単語帳のリストを作ります。今回は1列目に英語を、2列目にその意味を入力し、ヘッダーも記述しておきます。
step2
単語帳のテンプレートを作る

単語帳のテンプレートを作る

単語帳のテンプレートを作成します。Googleスライドで新しいスライドを作成し、「単語帳テンプレート」という名前にでもしておきましょうか。

英語を出力するテンプレートを作る

英語を出力するスライドを作成します。「<<English>>」と入力してください。このフォントサイズのまま作成されるので大きめにしておきましょう。

日本語を出力するテンプレートを作る

日本語を出力するスライドを作成します。「<<Japanese>>」と入力してください。英語と同様、「<<>>」で囲むのを忘れないように。
step3
「アドオンを取得」をクリック

「アドオンを取得」をクリック

先ほど作りかけていた単語帳のスプレッドシートの方に戻り、メニューの「アドオン」をクリックします。
step4
フォームで「Autocrat」を検索

フォームで「Autocrat」を検索

右上の検索フォームで、「Autocrat」と入力し検索します。
step5
「Autocrat」を選択

「Autocrat」を選択

お目当ての「Autocrat」が出てくるのでそれをクリックします。これが今回単語帳を作成するのに使うアドオンです。
step6
「Autocrat」をインストールする

「Autocrat」をインストールする

アドオン詳細画面に遷移するので、「インストール」をクリックします。
step7
権限関係のものを許可する

権限関係のものを許可する

「続行」をクリックします。

権限関係のものを許可する

「許可」をクリックします。これでアドオンのインストールが開始されます。
step8
「アドオン」→「Autocrat」→「Open」をクリック

「アドオン」→「Autocrat」→「Open」をクリック

インストールが終わったら、メニューの「アドオン」タブの中にある「Open」をクリックします。人によっては「start」という文言になっているかもしれません。
step9
「NEW JOB」をクリック

「NEW JOB」をクリック

右下の「NEW JOB」をクリックします。
step10
ジョブネームを入力する

ジョブネームを入力する

ジョブネームを入力していきます。今回は無難に「単語帳」とでもしておきましょうか。入力できたら右下の「Next」をクリックします。
step11
テンプレートを選択する

「From drive」をクリックする

出力するテンプレートを選択します。「From drive」をクリックしましょう。

テンプレートを選択する

先ほどGoogleスライドで作ったテンプレートを選択し、右下の「Next」をクリックします。
step12
対象のシートと列を選択する

対象のシートと列を選択する

スプレッドシートで作った単語リストの、対象のシートと列を選択します。どこで何を選択するかは以下の表を参考にしてください。
単語リストを作ったシート名
「<<english>>」の箇所に出力したい列のヘッダー名(今回の例だと「英語」)
「<<japanese>>」の箇所に出力したい列のヘッダー名(今回の例だと「日本語」)

対象のシートと列の例

今回の例の場合はこのようになります。問題が無ければ右下の「Next」をクリックします。
step13
作成するファイルの設定

作成するファイルの設定

単語帳として作成されるファイルの設定をします。「File name」の欄には希望するファイル名を、「Output as」のラジオボタンは「Single…」を選択し、右下の「Next」をクリックします。
step14
ジョブの設定を保存する

ジョブの設定を保存する

5以降の設定はいじらなくていいものなので、4の設定まで終えたら下にある「Save」をクリックして保存します。
step15
ジョブを実行する

ジョブを実行する

「単語帳」という名前のジョブが作成されましたね。次は1番左にある「▶︎」をクリックしてジョブを実行します。
step16
作成されたスライドを開く

作成されたスライドを開く

するとスライドが作られます。Googleドライブの「マイドライブ」にあるはずなのでそれを開きましょう。
step17
スライド完成

単語帳(スライド)完成

無事、英語と日本語が交互に表示されていますね。これで単語帳(暗記カード)完成です。

単語帳のように使いたい場合

もし単語帳のように使いたい場合は右上にある「プレゼンテーションを開始」をクリックしてください。クリックもしくはキーを押下することでスライドが進みます。
単語帳の完成イメージ
これで暗記用のフラッシュカードとして使えるようになりましたね。

以上で作業は終了。お疲れ様です。

お疲れ様!

くるみ

まとめ

以上、Googleスプレッドシートで暗記用のフラッシュカード(単語帳)を作る方法でした。

この方法であればGoogleドライブ上に保存されるので、同期さえしていればスマホやタブレット端末からでも見れるのも嬉しいですね。

参考になれば幸いです!では⸝⸝- ̫ -⸝⸝

1 COMMENT

google novice

APIがinvalidと表示されてしまうんですが、ネットで検索しても解決策がよくわかりません

返信する

コメントを残す

この記事を書いた人
おはようポテトのプロフィール画像
おはようポテト

22年4月から自社開発企業のWebエンジニアとして働く大学生。このサイトでは主にプログラミングやWordPressカスタマイズについて発信しています。他に運営しているのは宅配冷凍弁当の特化ブログなど。お問い合わせはこちらよりどうぞ。