【commandキーで代用】MacのUSキーボードで英数/かな切り替えする方法

【commandキーで代用】MacのUSキーボードで英数/かな切り替えするための設定方法

くるみ

Control+Spaceで英字/かな切り替えするの面倒なんだけど
ということで今回は

  • US配列に変えてみたけど日本語切り替えって「Control+Space」以外でどうやるの?
  • JISのように、かな変換を1つのキーでできるようにしたい

という方に向けて、MacのUS配列においてcommandのみキーで英数/かな切り替えするための設定方法を解説します。

参考になれば幸いです⸝⸝- ̫ -⸝⸝

ブログ主

早速いってみよう!

キーの設定ができる「Karabiner-Elements」

Karabiner-Elements
本来ならControl+Spaceキーで日本語切り替えが可能ですが、正直この方法では面倒ですよね。

そこで今回用いるのは「Karabiner-Elements」。
キーボードの挙動を自分流にアレンジできる便利なソフトです。もちろん無料。

「Karabiner-Elements」を使えばcommandキーで英数/かな切り替えができる

今回はこの「Karabiner-Elements」で、コマンドキー単体を押した時に英数・かなキーを送信するように設定していきます。

MacのUSキーボードでの英数・かな切り替えをcommandキーだけでする方法

方法はとても簡単です。実際に一緒にやっていきましょう。
step1
「Karabiner-Elements」をダウンロード

Karabiner-Elements

Karabiner-Elementsのページからダウンロードし起動します。

step2
「Complex modifications」を選択

step3
「Add rule」をクリック

step4
ブラウザを開く

上部にある「Import more rules form the Internet (open a web browser)」をクリックします。

step5
目的の設定を探す

「For Japanese (日本語環境向けの設定)」をインポートします。ページ下部にあるのでご注意を。

step6
インポートする

ソフトの方に遷移するのでインポートします。

step7
設定を有効化する

「コマンドキーを単体で押した時に、英数・カナキーを送信する」を選択し、右の「Enable」をクリックします。

step8
完了

「Rules」のところに「コマンドキーを単体で…」と表示されていれば完了。

これでcommandキーで英数/かな変換ができるようになっているはずです。

お疲れ様!

くるみ

まとめ

以上、Commandキー1つでMacのUSキーボードで英数/かな切り替えするための設定方法でした。

US配列を選ぶ際の1つの懸念点になるであろう、この問題を解消できるのは大きいですよね。
HHKBのキー配列はJISとUSどっちがいい?【実際に両方使ってみた】HHKBのキー配列はJISとUSどっちがいい?【両方使ってみた】

参考になれば幸いです!では⸝⸝- ̫ -⸝⸝

コメントを残す

CAPTCHA