【著作権注意】ブログで漫画の画像を引用する時に守るべき3つのこと

ブログでの漫画の画像の引用方法

くるみ

漫画の画像ってどうやって引用すればいいの?
ということで今回は

  • 漫画の画像をブログに貼ると著作権に触れるって本当?
  • じゃあどうやって引用すればいいの?

という方に向けて漫画の画像を引用する際に、著作権違反にならないために”守るべき3つのこと”を具体的な方法と共にまとめてみました。

ブログ主

早速いってみよう!

ブログで漫画画像を引用する時のルール

実は文化庁より、著作物の引用の際のルールが提示されています

(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)

(引用:文化庁より)

ちょっと何言ってるか分からない

くるみ

ぶっちゃけこれだけじゃよく分からないし、「じゃあ結局どうすればいいんだよ」となると思います

なので次は著作権に引っかからないための具体的な引用方法を見ていきましょう。

著作権違反にならないための漫画画像の引用方法

方法は単純かつ簡単です。

方法
step1
「引用:〇〇より」と画像の近くに添える!
step2
引用タグで囲んであげる
step3
引用物がメインにならないようにする
実際に例を見ていこう!

くるみ

引用元を記載する

もしドラゴンボールの画像を使いたいとなった場合。

(引用:ドラゴンボールZより)

上のように、画像の下に引用元を記載してあげてください。

これで「出所の明示」は完了です。ここでは作品名だけですが、単行本〇巻など書いてあげるとより安心ですね。

ブログ主

文字を小さくしすぎないように注意だね

引用タグで囲んであげる

次に、それが自分のサイトのコンテンツなのか、それとも引用したものなのかを区別できるようにする必要があります。

(引用:ドラゴンボールZより)

そこで、このように引用タグで囲んであげます。

…しかし、正直これはそこまで必要ありません。引用元に「引用:」と記載しているので、引用したものであることは区別できていますからね。

ここはお好みでいいかもしれません。

引用物がメインにならないようにする

これはどういうことかというと、

「引用しまくったせいで記事の大半が引用物になって、“引用物>自分のサイトのコンテンツ”にならないようにしてね」ということです。

ブログ主

自分の直鎖ブツが主体であればいいんだね
ここは漫画の感想や紹介の記事だけを書いている方ならそこまで意識しなくても大丈夫なところかもしれませんが…

もし「名シーン集」や「名言集」のように、画像をどちゃくそ引用しそうな記事を書く時はこの点を留意しておきたいです。

これで守るべきことは終わり!お疲れ様!

くるみ

「アル」を使えばもっと楽に

「アル」を使えばもっと楽に

アル」は対象の漫画作品のコマをユーザーが投稿できるWebサービス。

対象の作品は全て出版元や作者さんから許可をもらっているので著作権の心配もありません。更にブログに貼る際にもURLだけ貼ればいいのでとても楽です。

ブログ主

ウチも利用させていただいています。控えめにいって神。

とても画期的なサービスなので気になった方はチェックしてみてください。

まとめ

以上、ブログで漫画の画像を引用する時に守るべき3つのことでした。

著作権違反になるとアフィリエイトにも支障が出る可能性もあります…気を付けておきたいですね(›´ω`‹ )

もしもアフィリエイトで削除された時の対処法【これで解決】もしもアフィリエイトでサイト削除された時の対処法

この著作権のルールは勿論、漫画の画像だけにとどまりません。近いところでいうとアニメ画像などもそれに当たります。

引用物のジャンルによってそこのところも変わってくるので、引用する時はしっかりと調べておきたいところですね。

参考になれば幸いです!では⸝⸝- ̫ -⸝⸝

コメントを残す

CAPTCHA