【記事書くなら必須】プラグインAddQuicktagの使い方と正しい設定方法

【記事書くなら必須】プラグインAddQuicktagの使い方と正しい設定方法

くるみ

「AddQuicktag」をとりあえず入れてみたけどこれどうやって使うの?
ということで今回は

  • おすすめされてるから「AddQuicktag」を入れてみたものの使い方が分からない
  • タグを追加したり削除するのってどうやるの?

という方に向けてプラグイン「AddQuicktag」の使い方と設定方法を解説します。

本記事を参考にすればAddQuicktagの基本的な使い方だけでなく、記事執筆の効率を格段に上げる使い方も知ることができます。

そもそもAddQuicktagって何ができるの?

AddQuicktag
「AddQuicktag」はその名の通り、記事内でよく使うタグや文言をあらかじめ登録しておき、それらをエディターでワンクリックで挿入できるようにしてくれるプラグインです。

使用するメリットは主に以下の通り。

  • 一度登録してしまえば何度も使える
  • よく使う書式設定の表示・非表示も設定できる
  • プラグイン自体が軽い

それぞれ詳しく見てみましょう。(「もう既にそんなことは知ってるよ」という方はAddQuicktagの使い方と設定方法へスキップしてください。)

一度登録してしまえば何度も使える

「以前の記事で使ったあの装飾、他の記事でも使いたい」「この文言はよく使うから記事ごとでバラバラにならないよう統一しよう」という場面でAddQuicktagは非常に重宝します。

例えば以下のようなもの達を登録しておくと作業効率は格段に上がります。

  • よく使う文言
  • 装飾したタグ(クラスを付与したりインラインでスタイルを記述したもの)
  • ショートコード

本来なら別の記事を遡ってお目当てのタグをコピーしてくる必要があるのですが、AddQuicktagでタグとして登録しておけばその必要もありません。

こりゃみんなこぞって使うわけだ

くるみ

余談ではありますが、このタグ登録機能はショートコードと組み合わせることによってその利便性は何倍にも増します。

よく使うタグをAddQuicktagに直に登録するのではなく、「よく使う要素をショートコード化する」→「AddQuicktagで登録する」のコンボが最強だと個人的に思ってます。

後からスタイルの一括変更が効きやすいというのもありますが、何より編集画面がすっきりするので文章を書きやすいんですよね。(ビジュアルエディタだと逆に編集画面でスタイルが反映されなくなってしまうので、テキストエディタを好んで使う人に限りますが)

デフォルトタグの表示・非表示も設定できる

デフォルトタグの表示・非表示も設定できる
デフォルトタグというのは、上のようなリンクを挿入したり文字を太字にするやつです。
いろんなエディターに常備されていますね。

AddQuicktagではデフォルトでこういったクイックタグが表示されるのですが、これらの表示・非表示を切り替えることができます。(※テキストエディタ限定)

「それエディターにデフォルトであるじゃん」と思われるかもしれませんが、これらを非表示にできることがメリットなのです。

確かに滅多に使わなそうなタグがちらほらあるね

くるみ

使わない書式設定がエディターにあっても邪魔なだけですからね。

「〇〇タグは基本的に使わないから消そう」といった風に自分に合わせたカスタマイズをして、コンパクトなエディター画面に仕上げることができます。

プラグイン自体が軽い

サイトの速度のために泣く泣くプラグイン導入を諦めたり削除したりすることもあると思いますが、この「AddQuicktag」は非常に軽いプラグインであるためその心配も無用です。

実際、このプラグインを入れる前と入れた後でそこまで速度やパフォーマンスに影響はありません。
(「それどんなプラグインにも同じこと言えない?」と思われるかもしれませんが、中にはそれ1つ入れただけでサイトの速度がガクッと下がるブラグインも存在するのです。)

AddQuicktagの使い方と設定方法

このプラグインの利便性が分かったところで、次はその使い方と設定方法をご紹介します。

プラグインの有効化

step1
「AddQuicktag」をインストールする

「AddQuicktag」をインストールする

まずプラグインの画面から「AddQuicktag」を検索してインストールします。
step2
有効化する

有効化する

プラグインを有効化します。

タグの追加方法

step3
「設定」→「AddQuicktag」

「設定」→「AddQuicktag」

左のメニューからAddQuicktagの設定画面にいきます。
step4
設定画面

設定画面

すると設定画面が開きます。このプラグインにおいていじるのはこのページだけになります。
step5
タグの情報を記入する

タグの情報を記入する

登録したいタグを入力していきます。どこに何を入力するかは以下の表を参考にしてください。
ここで入力したものがエディタにタグ名として表示されます
エディタに表示するアイコンを指定します
開始タグを入力します
(囲みタグの場合のみ)終了タグを指定します
step6
タグの使用範囲を選択する

タグの使用範囲を選択する

登録するタグをどの場面で使えるようにするかをチェックボックスで選択します。どの選択肢がどのページにあたるかは以下の表を参考にしてください。
ビジュアルエディタービジュアルエディター
post投稿
page固定ページ
attachment添付ファイルページ
wp_blockブロックエディタ
commentコメントページ
edit-commentsコメント編集ページ
widgetsウィジェット編集ページ

1番右にチェックを入れると全てにチェックが入る

ちなみに1番右のチェックボックスをクリックすると他の項目も全てチェックされます。
step7
タグの設定を保存する

タグの設定を保存する

必要なものを入力しチェックを入れ終えたら、下にある「設定を保存」ボタンを押下します。
これでタグが記事の編集画面で使えるようになりました。

余談ではありますがタグの使用範囲に関しては、タグごとにそれを設定するのも酷なので基本的に全チェックで問題ありません。
ぶっちゃけ記事執筆時以外には滅多に使わないので。

囲み型のタグとは?

先ほどから出てきている「囲み型のタグ」とは一体何なのか。

それは「エディターに既に入力してある要素を囲みながら、挿入するタグ」のことを指します。

<div class="tag1">囲みたい要素</div>
[shortCode]囲みたい要素[/shortCode]

文字の装飾や、囲み型のショートコードなどがそれにあたります。

そんな囲み型のタグの挿入方法も次節で解説するので安心してくださいね。

タグの使い方(記事への挿入方法)

テキストエディタの場合

step8
エディタにタグが追加されている

設定したタグがエディタに追加されている

テキストエディタの場合、設定したタグが書式設定の欄に追加されています。それらをクリックすることで記事内に挿入することができます。
step9
本文に挿入される

本文に挿入される

無事、本文内に挿入されていますね。

テキストエディタでの囲み型のタグの挿入方法

囲み型のタグの場合、囲みたい要素を選択した状態でタグ名をクリックすることで囲むことができます。

ビジュアルエディタの場合

step10
ドロップダウンリストから確認できる

ドロップダウンリストから確認できる

ビジュアルエディタの場合、設定したタグはドロップダウンリストから確認できます。
step11
タグを選択し挿入する

タグを選択し挿入する

クリックすると一覧が表示されるので、そこから選択すると本文に挿入できます。

ビジュアルエディタでの囲み型のタグの挿入方法

囲み型のタグの場合はテキストエディタと同様に、囲みたい要素を選択した状態でタグ名をクリックすることで挿入できます。

テキストエディタで確認すると囲まれている

タグによってはビジュアルエディタにて見た目が変化しない場合がありますが、テキストエディタで確認すると無事タグで囲まれています。
これで本文に設定したタグを挿入できるようになりました。

タグの削除方法

次は「作ったタグ、よくよく考えたらいらないな」という場合のためのタグの削除方法を解説します。

step12
全ての項目を未入力にする

全ての項目を未入力にする

そのタグの全ての項目を未入力の状態にします。
step13
チェックボックスも未選択にする

チェックボックスも未選択にする

チェックを入れる時と同様、1番右のチェックを外すだけで全てをOFFにできます。
step14
設定を保存する

設定を保存する

そして保存ボタンを押ししてあげれば、無事にそのタグを削除することができます。

デフォルトのクイックタグを非表示にする方法

「ビジュアルエディタやブロックエディタを主に使っていて、テキストエディタは全く使わない」という方には無縁の機能です。

step15
「デフォルトのクイックタグを非表示にする」の設定

「デフォルトのクイックタグを非表示にする」の設定

タグの設定画面より下にいくと「デフォルトのクイックタグを非表示にする」とあるので、そこをいじります。チェックを入れたタグが非表示になるわけですね。
step16
チェックを入れる

チェックを入れる

記事執筆時に使わないタグは他の場面でも使わないので、使わないものに関しては1行全てチェックを入れてよいでしょう。タグの設定同様、1番右にチェックを入れると全てのON・OFFを切り替えることができます。
step17
設定を保存する

設定を保存する

下にある保存ボタンを押してあげれば設定が反映されます。

主にいじる必要があるのはこの辺りだけで、ここまで押さえておけばとりあえず使うのには困らないかなと思います。

以上がAddQuicktagの使い方と設定方法でした。

お疲れ様!

くるみ

「閲覧できません」とエラーになった時の対処法

保存するボタンを押したらなぜか「閲覧できません (Forbidden access)」と表示され、プラグインの設定ができない。

その場合はレンタルサーバの「WAF」の設定が原因であることが多いです。

数秒で解決できることだから安心してね

くるみ

対処法については以下の記事で詳しくまとめているので参考にしてみてください。
WordPressでの「閲覧できません (Forbidden access)」というエラーの対処法WordPressでの「閲覧できません (Forbidden access)」というエラーの対処法

まとめ

以上、プラグイン「AddQuicktag」の使い方と設定方法でした。

設定の簡単さに見合わず記事執筆時の恩恵はとても大きいプラグインなので、ぜひ使い倒していきましょう。

参考になれば幸いです!では⸝⸝- ̫ -⸝⸝

コメントを残す