食のそよ風の味と評判は?プチデリカをお試しした私の口コミ

くるみ

食のそよ風の口コミや評判、実際に食べた人の感想を知りたいんだぞ
ということで今回は

  • 食のそよ風ってそもそもどんな冷凍弁当?
  • 食のそよ風って安いって聞くわりにあんまりおすすめされてない気がするのはなぜ?
  • 口コミだけでなく実際に利用した人のレビューも参考にして購入を検討したい

という方に向けて、「食のそよ風」を実際にお試ししての感想と、その口コミや評価についてまとめました。

本記事を参考にすれば食のそよ風を利用するメリットとデメリットを押さえつつ、「実際買ってみたら思ってたのと違った…」というミスマッチを無くすことができます。

冷凍弁当で迷ったら?

宅配冷凍弁当のおすすめランキング

全20社を実際に食べ比べして厳選した冷凍弁当おすすめランキング。冷凍弁当選びで迷った際は参考にしてみてください。

冷凍弁当のおすすめランキングを見る

食のそよ風の基本概要

「食のそよ風」は株式会社ユニマットが運営する、宅配の冷凍弁当サービス。

ユニマットグループは他にも健康・美容・飲食などの事業を展開しており本サービスにもそれらのノウハウが集約されているため、健康食・制限食としてはとてもクオリティの高いものとのなっています。

定期購入なら送料無料

食のそよ風の公式サイトを見る

サービスの特徴

  • 食べたい時にチンするだけだから、買い出しも調理も一切不要
  • 管理栄養士が監修しているだけでなくPFCバランスに配慮して作られているため、栄養バランスも抜群
  • 低価格で経済的にも優しい

何より特徴的なのがその「利便性」と「栄養バランス」と「安さ」。

冷凍弁当なので好きな時に食べれてストックも可能。献立を考える必要すらも一切無いので、忙しい方や時短したい方にはうってつけと言えます。

更にPFCバランスに配慮された栄養バランスのため偏った食事制限やダイエットに陥る心配もないので、健康的な食生活をおくるのにピッタリとなっています。
(「PFCバランス」というのは厚労省が推奨するたんぱく質、脂質、炭水化物の比率のことを指します)

選べるコース一覧

食のそよ風で選べるコースは大きく分けて以下の3種類。

コース名特徴
国産プレミアム国産の食材にこだわって作られたプレミアムなおかずコース。メニューは全30種類。
プチデリカ美味しさ・栄養バランス・お手軽さの3点を兼ね備えた、カラダにも財布にも優しいコース。メニューは全30種類。
そよ風のやさしい食感素材本来の形と美味しさを残しつつ柔らかさを実現した、噛む力が弱い方や高齢の方向けのコース。メニューは全20種類。

1番人気かつ知名度があるのが「プチデリカ」。経済的にも優しいコースなので、お試しするならまずはこのコースがおすすめですよ。

定期購入なら送料無料

食のそよ風の公式サイトを見る

定期購入について

食そよ風には定期的に配送してくれる「定期購入」というサービスがあり、これには以下のようなメリットがあります。

  • 一度注文すれば定期的に届けてくれるので手間も減り、注文のし忘れも防げる
  • 毎回の送料が無料になる

定期購入の間隔は10日、2週間、1ヶ月から自由に選択可能で、自分の食生活に合わせて柔軟に変えることができます。

届くメニューについてですが、選択したコースが「国産プレミアム」「プチデリカ」の場合はA〜Cセットが順番に届き、「そよ風のやさしい食感」の場合はAセットとBセットが交互に届きます。

料金について

各コースの料金

コース名セット数料金(税込)1食あたり
国産プレミアム
(A〜Cセット)
10食セット6998円699円
国産プレミアム
(お試しセット)
5食セット3499円699円
プチデリカ
(A〜Cセット)
10食セット4266円426円
プチデリカ
(お試しセット)
5食セット2133円426円
そよ風のやさしい食感
(A〜Bセット)
10食セット6696円669円
そよ風のやさしい食感
(お試しセット)
5食セット3348円669円

「国産プレミアム」と「そよ風のやさしい食感」は600円台ですが、「プチデリカ」は1食あたりが426円とかなり安い値段になっています。

「いきなり10食セットを買うのはちょっと…」という方は5食セットでお気軽に試せる「お試しセット」からトライしてみるのがおすすめです。

注意
「お試しセット」というとお得になるイメージがあるかもしれませんが、食のそよ風におけるお試しセットは1食あたりの値段は通常時と変わりません。あくまで「セット数が少なくなったコース」と考えるといいかもしれません。

送料

お次は気になる送料について。

ケース送料
都度購入時980円(1梱包あたり)
定期購入時無料

都度(単品)購入時は全国一律で980円(税込)がかかりますが、定期購入時はなんと完全無料。

商品自体の料金がいくらお得でも都度購入の送料980円がかなり痛手となってしまうため、料金にこだわるなら定期購入を選ぶのがおすすめとなっています。

食のそよ風の評価:安さと続けやすさはトップクラス

  • 価格
    5
  • 美味しさ
    4
  • ボリューム
    1
  • 栄養バランス
    4
  • 続けやすさ
    4

いきなり総評になりますが、今回食のそよ風を利用しての評価をまとめると上のようになります。

「価格」に関してはかなり高評価。1食あたりの値段はかなり安く、宅配冷凍弁当界で見てもトップクラスにお得なレベルです。

更に定期購入にすると送料が無料になり、メニューも非常に豊富なので非常に続けやすい冷凍弁当サービスと言えます。

しかし「ボリューム」の面に関しては多少難ありといったところで、コスパや食べ応えを求めている方にはあまりおすすめできないできないかな、というのが正直な感想です。
(詳しくは食のそよ風を利用して感じたデメリットで後述しています)

なぜこのような評価になったのか、次はより詳しくレビューを見ていきましょう。

「プチデリカ」を実際にお試ししてみた

配送から開封まで

食のそよ風が到着

注文からおよそ6日後に到着。ここまでロゴが大きくプリントされている冷凍弁当のダンボールは初めて見ました。

食のそよ風を開封

同封されていたパンフレットには各コースの紹介やメニュー一覧が載っていました。細かいところまでデザインが非常におしゃれです。

食のそよ風を開封

さあ、主役のお弁当達とご対面です。

食のそよ風の「プチデリカ」Aセット

今回頼んだのは「プチデリカ」のAセット。非常に人気があるコースとのことで、期待に胸が高まります。

食のそよ風「プチデリカ」のパッケージ

パッケージは白と黒を基調としており非常におしゃれ。メニュー名や栄養成分は裏面に記載してあり、表面にあればより便利なのにな、というのが正直な感想です。

食のそよ風「プチデリカ」のパッケージの重さ

パッケージの重さは207gと非常に軽いです。

食のそよ風「プチデリカ」のパッケージのサイズ

容器自体のサイズはおよそ16cm×16cm×2.8cmと小さめの部類。スマホと並べるとこのサイズ感です。

食のそよ風「プチデリカ」のパッケージのサイズ

高さは2.8cmなので積み重ねても縦のスペースはとりません。

食のそよ風「プチデリカ」を冷凍庫に入れた様子

一人暮らし用の冷凍庫ですが、2列にすると結構ギリギリ。とはいえ最悪縦に入れることもできるのでそこまでスペースには困らなそうです。

「プチデリカ」実食レビュー

1食目
三元豚の黒酢酢豚

三元豚の黒酢酢豚

酢豚に関しては、酸味が効いたタレで味は文句無く、肉も歯応えがあり美味しかったです。ですが(小さめの)肉が4.5切れぐらいしか入っておらず、食べ応えに関してはちょっと難があるといった感じです。
エネルギー152kcal
炭水化物13.0g
脂質6.4g
食塩相当量2.3g
たんぱく質10.6g
内容量149g
2食目
牛肉の塩だれ炒め

牛肉の塩だれ炒め

主菜に関しては野菜・肉共に柔らかく、塩だれとの相性も抜群で非常に食べやすかったです。右上の「くるみのあんこ和え」は副菜というより完全にスイーツでしたね。
エネルギー200kcal
炭水化物17.8g
脂質10.6g
食塩相当量1.4g
たんぱく質8.4g
内容量138g
3食目
鰆(サワラ)の甘酢あんかけ

鰆の甘酢あんかけ

意外にも鰆の衣が厚く、あんとよく絡んでいたので魚っぽさはあまりありませんでした。ですが味付けがちょっと濃いめでくどかったので、もう少し控えめに改良されることを期待です。
エネルギー174kcal
炭水化物15.7g
脂質7.8g
食塩相当量0.8g
たんぱく質10.1g
内容量140g
4食目
鶏肉とかぼちゃの炭火焼き風

鶏肉とかぼちゃの炭火焼き風

冷凍弁当にカボチャが入っているのは非常に珍しいですね。食物繊維が摂れるのでとてもありがたいです。しかしそのカボチャが含まれる主菜に関しては非常にボリュームが無く、写真のようにスカスカしている状態でした。副菜はぎっしり詰まっているのに…
エネルギー203kcal
炭水化物13.6g
脂質9.9g
食塩相当量0.8g
たんぱく質14.7g
内容量114g
5食目
ごろっと肉じゃが

ごろっと肉じゃが

メニュー名の通りじゃがいもがゴロゴロ入っており、今回の中では1番の食べ応えでした(珍しいことにじゃがいもが皮付きで噛みごたえあり)。主菜・副菜共に優しい味付けで食べやすさに関しても文句無しです。
エネルギー133kcal
炭水化物14.4g
脂質5.0g
食塩相当量1.5g
たんぱく質7.6g
内容量166g
6食目
赤魚の青じそ風味焼き

赤魚の青じそ風味焼き

チンしたときの香ばしい明太子の匂いの正体は右上の「明太子ポテト」でした。匂いは満点。しかしいざ開けてみると赤魚が非常に小さくちょっとガッカリ。ボリュームに関しては如何せん写真の通りなので自前で+αの食品を用意する必要がありました。
エネルギー128kcal
炭水化物7.4g
脂質5.2g
食塩相当量1.3g
たんぱく質12.8g
内容量114g
7食目
トマトと味噌の煮込み風ハンバーグ

トマトと味噌の煮込み風ハンバーグ

前までとは打って変わって食べ応えのあるメニューでした。ハンバーグがジューシかつ肉厚で冷凍とは思えないほどのクオリティ。肉自体に味が染み込んでいるため、タレが少なくなっても気になりませんでした。
エネルギー171kcal
炭水化物10.9g
脂質9.7g
食塩相当量2.1g
たんぱく質9.9g
内容量154g
8食目
とんカツの卵とじ風

とんカツの卵とじ風

プチデリカの中でも人気のあるメニューとのことで期待していたとんカツ。サクサクとまではいかないものの少なくともシナシナはしておらず、しっかりとカツとしてのジューシーさはありました(卵の量の少なさが少し気になりましたが)。とんカツが入っているにも関わらずここまでカロリーと資質を抑えられているのは凄いですね。
エネルギー240kcal
炭水化物16.8g
脂質15.0g
食塩相当量2.0g
たんぱく質9.5g
内容量144g
9食目
鮭のみぞれ煮柚子胡椒風味

鮭のみぞれ煮柚子胡椒風味

レンコンや椎茸がデカデカと入っており栄養や彩り的には文句ありませんが、主菜の鮭が薄くボリュームに欠けていたかなと。更にあまり柚子胡椒の風味や味なども感じられず、今回の中では印象・評価共に控えめのメニューでした。
エネルギー112kcal
炭水化物9.4g
脂質3.7g
食塩相当量1.7g
たんぱく質10.4g
内容量142g
10食目
ハッシュドビーフ

ハッシュドビーフ

冷凍弁当でハッシュドビーフを食べるのは初めてで、とても楽しみにしていました(更に珍しいことに右上にホタテが入っています)。ゴロゴロ具が入っているわけではないものの、牛肉の風味が感じられるルーで非常に美味しく、あっという間に飲み干してしまいました。これは誰しも白米が欲しくなるやつ…!
エネルギー150kcal
炭水化物9.4g
脂質6.4g
食塩相当量1.8g
たんぱく質13.5g
内容量130g

食のそよ風を利用して感じたメリット

今回実際に食のそよ風を利用して感じた良い点・メリットは以下の通りです。

  • 1食あたりの値段がとにかく安い
  • メニューが豊富で飽きない
  • 定期購入だと送料が無料になる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1食あたりの値段がとにかく安い

1食あたりの値段がとにかく安い

コスパを度外視した際の1食あたりの値段という意味では、食のそよ風の「プチデリカ」は冷凍弁当界で見てもトップクラスの安さを誇ります426円は伊達じゃありません。

こんなに安くていいの!?

くるみ

正直コスパも最強というわけではないですが、それにしてもこの値段は破格です。
いくら便利とはいえ流石に自炊と比べると支出が多くなってしまう冷凍弁当ですが、ここまで安いと下手な自炊より安くなる場合もあります。

「日々の食費を抑えたい」「とはいえ自炊が面倒くさい」という一人暮らしの方にはうってつけだと言えるでしょう。

メニューが豊富で飽きない

メニューが非常に豊富で飽きない

宅配冷凍弁当でありがちなのがマンネリ化や飽き。お気に入りのサービスを見つけても同じメニューが続いて継続を断念してしまうことも珍しくありません。

ですが食のそよ風の「プチデリカ」や「国産プレミアム」の場合はA〜Cセットまでありそれぞれで10種類のメニューがあるので、合計すると30種類もバリエーションがあることになります。

30種類もあれば飽きることは無さそう!

くるみ

更にずっと肉料理が続くわけではなく、3回に1回ほどは魚料理を挟んでくれます。そのため、肉料理が続いて飽きることも滅多にありません。

「和・洋、肉・魚をバランス良く摂りたい」「毎日の食事を楽しみたい」という方にはぴったりですね。

定期購入だと送料が無料になる

定期購入だと送料が無料になる

宅配冷凍弁当を利用する上でネックになってくるのが送料。
商品自体の料金は安いものの送料が高いため結果的に値段がかさんでしまう、ということがよくあります。

しかし食のそよ風に関しては、定期購入にすると送料が完全に無料になるためその心配も一切ありません。

継続さえすればいいだけなので定期購入自体のハードルもそこまで高くありませんし、続けるとなると定期購入はメリットしかないので、この送料無料は破格の恩恵と言えます。

食のそよ風を利用して感じたデメリット

逆に、今回利用して感じた残念な点・デメリットは以下の通りです。

  • 内容量が少なくコスパはそこまで良くない
  • イメージ写真よりも若干量が少ない

内容量が少なくコスパはそこまで良くない

内容量が少なくコスパはそこまで良くない

上の「プチデリカ」の実食レビューを見ても、見かけ上の量は多そうに見えますよね。実際僕も食べる前まではそこそこボリュームがあるタイプの冷凍弁当だと思っていました。

しかし数値として見ると、「プチデリカ」の内容量はおよそ平均139g。冷凍弁当の平均的な内容量は200gなので、かなり少ないです。

見た感じはそこまで少なく見えないんだけどね

くるみ

コスパを算出するとおよそ3.06円/g。これは冷凍弁当界全体で見ても平均的な値です。

1食あたりの値段だけを見ると426円とかなり安くお得なように思えますが、コスパを考慮すると実は内容量相応かつ平均的な値段なんですね。

この食のそよ風、「内容量とか普段意識しないし、極端に少ないとか無い限り1食あたりの値段が安ければそれでいい」という方なら満足できるかと思いますが、コスパを重視する方にはあまり魅力的に映らないでしょう。

イメージ写真よりも若干量が少ない

公式サイトなどに掲載されている各種メニューのイメージ写真。それだけ見るとそこまで量は少なく見えないかもしれません。

ですが実際に届いたものを見てみるとそのイメージ写真とは若干異なり、量が少なめ(主に主菜)になっているのです。
それが顕著だったのが、今回食べた「赤魚の青じそ風味焼き」。

イメージ写真

赤魚の青じそ風味焼きのイメージ写真

今回届いたもの

赤魚の青じそ風味焼き

イメージ写真

鮭のみぞれ煮柚子胡椒風味のイメージ写真

今回届いたもの

鮭のみぞれ煮柚子胡椒風味

イメージ写真だと容器にぎっしり詰まるほどのサイズの赤魚ですが、今回食べたものはそれに比べてかなり小さめであることが分かると思います。(若干カメラのアングルの問題もあるかもしれませんが)

全部が全部そうだというわけではなく一部のメニューではありましたし、自分がたまたま量が少ないものをひいた、という可能性もあるかもしれません。

ですがそうだとしても、「イメージ写真を見て期待に胸を膨らませて買ったものの、実際届いてみたら想像と違かった」という事態になる可能性が少しでもあるのはデメリットの1つと言えます。

食のそよ風に関するQ&A

食のそよ風についてよくある質問をQ&A方式でまとめました。

賞味期限はどのくらい?
およそ10〜11ヶ月になります。
支払い方法は?
代引き・クレジットカードでお支払い可能です。
配達日時は指定可能?
はい、時間帯まで指定可能です。
定期配送をスキップすることって可能?
可能になります(連続でのスキップは不可)。
定期購入は解約可能?
可能です。しかし定期購入が6回未満で解約した場合は、それまでの無料になった送料を全て負担しなければなりません。

食のそよ風の口コミ・評判

良い口コミ・評判

カロリー・糖質が控えめなのにも関わらず美味しいのは何よりありがたいことですよね。

ちなみに「国産プレミアム」は味だけで考えると「プチデリカ」の上位互換のように思われるかもしれませんが、(実際両方食べてみた自分の感想としては)正直大差無かったです。

悪い口コミ・評判

確かにそのボリュームに関しては多少気になるところがあります。値段だけ見るとその安さに飛びついてしまいがちですからね。

更に送料も、定期購入にしない場合は980円もかかってしまうため単品で試したい方にとっては不便かもしれません。

まとめ:食のそよ風はこんな人におすすめ

以上、「食のそよ風」を実際にお試ししての感想と、その口コミや評価についてでした。

まとめると、食のそよ風は以下のような方におすすめです。

こんな方におすすめ
  • 「毎日の食費を抑えたい」「とはいえ自炊するのは面倒」という方
  • 内容量はあまり気にせず、1食あたりの値段を重視している方
  • メニューが多く飽きにくい冷凍おかずを求めている方

上に当てはまる方は一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

定期購入なら送料無料

食のそよ風の公式サイトを見る

冷凍弁当で迷ったら?

宅配冷凍弁当のおすすめランキング

全20社を実際に食べ比べして厳選した冷凍弁当おすすめランキング。冷凍弁当選びで迷った際は参考にしてみてください。

冷凍弁当のおすすめランキングを見る

コメントを残す

この記事を書いた人
おはようポテトのプロフィール画像
おはようポテト

22年4月から自社開発企業のWebエンジニアとして働く大学生。このサイトでは主にプログラミング・WordPress・宅配冷凍弁当について発信しています。お問い合わせはこちらよりどうぞ。