GOFOOD(ゴーフード)の評判は?実際にお試ししてみた私の口コミ【noshとの比較あり】

GOFOOD(ゴーフード)の口コミと評判は?実際にお試ししてみた【noshとの比較あり】

くるみ

糖質制限に特化した冷凍弁当のGOFOODって実際どうなの?
ということで今回は

  • GOFOODに興味があるが、他の宅配冷凍弁当サービスとの違いがいまいち分からない
  • 口コミだけでなく実際に利用した人のレビューも参考にして検討したい

という方に向けてGOFOOD(ゴーフード)を実際に食べてみての評価とその口コミについてまとめました。

本記事を参考にすれば、GOFOODを利用するメリットとデメリットを押さえつつ、「実際買ってみたら思ってたのと違った…」というミスマッチを無くすことができます。

冷凍弁当で迷ったら?

宅配冷凍弁当のおすすめランキング

全20社を実際に食べ比べして厳選した冷凍弁当おすすめランキング。冷凍弁当選びで迷った際は参考にしてみてください。

冷凍弁当のおすすめランキングを見る

GOFOOD(ゴーフード)の基本概要

「GOFOOD」はゴーフード株式会社が提供する、糖質制限食に特化した宅配の冷凍弁当サービス。

気軽に糖質制限したい方や普段の食事からダイエットを始めてみようという方に人気が広がりつつあります。

お試しセットは500円OFF

GOFOODの公式サイトを見る

サービスの特徴

  • 冷凍で届きレンジでチンするだけで食べられるから調理も買い出しも不要
  • 全メニューが糖質制限食で、高タンパク質かつボリュームもたっぷり
  • 本格シェフのレシピによるこだわり調理なので美味しさも抜群
  • 医学的根拠に基づいたメニューで、糖質制限を提唱する医師からのお墨付き

何よりの特徴が、全メニューが糖質制限食でありそれが冷凍のまま新鮮な状態で届くので、レンジでチンするだけで気軽に糖質制限ができる点です。

更に顧問医師との共同開発による医学的根拠に基づいたメニューなので、糖質を制限しながら他の栄養素は豊富に摂取することができます。

購入できるセット一覧

コースセット数メニュー選択
都度購入5食セット都度メニュー選択が必要
(おまかせ不可)
10食セット
20食セット
定期購入5食セット
10食セット
20食セット
お試しセット5食セットメニュー選択・おまかせ両方可
10食セット

GOFOODで購入できるセットプランは上の通り。

都度購入・定期購入共に5・10・20食セットから選ぶことができ、そのそれぞれで毎回メニューを選ぶことができます。

更に「本格的に購入する前にまずはお試ししてみたいな」という方向けの「お試しセット」もあります。こちらの場合5・10食セットがあり、通常時と違いメニューをおまかせにすることも可能です。

今なら500円OFF

GOFOODのお試しセットを見る

料金について

通常料金

コースセット数料金(税込)1食あたり
都度購入5食セット3480円696円
10食セット6480円648円
20食セット12960円648円
定期購入5食セット3280円656円
10食セット5980円598円
20食セット11960円598円

気になる料金は上の通り。基本的にセット数が多ければ多いほどお得になります。

詳しくは後述しますが、都度購入・定期購入に関わらず20食セットにすると送料が無料になります。

お試しセットの料金

コースセット数料金(税込)1食あたり
お試しセット5食セット2980円596円
10食セット5880円588円

お試しセットの場合、上のように5食セットは500円、10食セットの方は600円安くなります。

こちらも後述しますが、お試しセットでも送料は無料にならないためご注意ください。

送料について

購入セット数送料
5・10食セット940〜2170円
20食セット無料

送料についてですが、20食セットにした場合のみ送料は無料になり、それ以外のセットにした場合は有料になります。

かかる送料については以下の通り。

地域送料(税込)
北海道2170円
北東北1350円
南東北1240円
関東1080円
信越1100円
北陸1000円
中部1000円
関西940円
中国1000円
四国1000円
九州1100円
沖縄2170円

かかる送料は地域によって異なり、最安値は関東の940円。離島の2170円が最大です。

GOFOOD(ゴーフード)の評価:糖質制限向きでボリュームもある

  • 価格
    2
  • 美味しさ
    4
  • ボリューム
    5
  • 栄養バランス
    5
  • 続けやすさ
    3
実際に今回GOFOODを利用してみての評価をまとめると上のようになりました。

糖質制限に特化していながら他の栄養素も効率良く摂取できるので、「ボリューム」と「栄養バランス」の面に関しては他の宅配冷凍弁当サービスと比べてもトップクラスの評価です。

ですが「料金」の面(主に送料)と、「続けやすさ」の面に関しては正直満足できませんでした。今後の改善を期待、といったところです。

なぜこのような評価になったのか、次はより詳しくレビューを見ていきましょう。

GOFOODを実際にお試ししてみた

配送から開封まで

GOFOODが到着

注文からおよそ6日程度で自宅に届きました。意外と小さめの段ボールです。

GOFOODのパンフレット

開封するとまずはパンフレットがお出迎え。基本的な食べ方からGOFOODの概要についてまとめられています。

GOFOODのお弁当とご対面

そして主役のお弁当達の姿が見えました。ぎっしり詰まっています。

GOFOODのおまかせ5食セット

今回頼んだのは「おまかせ5食セット」。人気メニューが集結したセットのことで楽しみです。

GOFOODの容器の外観

容器はシンプルでそこはかとなくおしゃれ。賞味期限に関しては6ヶ月あるものから1年のものまでメニューによりけり、といった感じです。

GOFOODの容器のサイズ

サイズに関しては、パッケージ含めおよそ縦14.5cm×横20cm×高さ4cmでした。手元のあったiPhoneと並べるとこのぐらいのサイズ感です。

GOFOODの容器の高さ

積み重ねてもそこまで高くはありません。しかし今回は5食セットなので余裕がありますが、10食以上となると冷凍庫のサイズによっては入らないかも。

冷凍庫にも余裕を持って入る

実際入れてみたところそこまで圧迫はしませんでした。冷凍されているので最悪縦に入れることもできます。

「お試し5食セット」実食レビュー

1食目
ブロチキ

ブロチキ

1番興味があったブロチキ。肉は薄味ではあったものの、糖質の低さのわりにサバサバしておらず無難に美味しかったです。例えるならコンビニのサラダチキンの高級版といったところ。ブロッコリーの方に関しては冷凍なのでシナシナになるかと思いきや歯応えもしっかりありました。ですがほとんど無味なのでチキンと一緒に食べる前提なのでしょうね。
エネルギー246kcal
糖質2.2g
脂質9.1g
食塩相当量2.6g
たんぱく質34.8g
2食目
ポン酢鶏もも肉ステーキDZ

ポン酢鶏もも肉ステーキDZ

今回で1番食べ応えのあったメニュー。肉自体はちょうどいい柔らかさで満足なものの、ポン酢のタレがちょっと少ないかなと。右上の「ダイズライス」はとてもパラパラしており、良い意味でも悪い意味でもライス感はほとんどありませんでした。あと椎茸がデカい(小並感)。
エネルギー452kcal
糖質8.6g
脂質24.1g
食塩相当量2.1g
たんぱく質44.7g
3食目
三代目ブロチキ 油淋鶏味

三代目ブロチキ 油淋鶏味

油淋鶏とありますが揚げていないとのこと。普通のブロチキよりもタレが多く甘酸っぱかったので美味しかったです。しかしご飯のお供として食べない場合は少し味付けが濃すぎる感も否めません。副菜のオクラは文句無しの味で、カリフラワーはピリ辛な味付けだったので肉と一緒に食べると良いスパイスになりました。
エネルギー415kcal
糖質13.5g
脂質27.6g
食塩相当量2.3g
たんぱく質24.0g
4食目
鶏チンジャオロース

鶏チンジャオロース

タレが非常に旨くブロッコリーとの相性が良いのでパクパクいけちゃいました。副菜のパプリカも思ったよりあっさりしており食べやすかったです。パプリカの枠をブロッコリーにしてもっと緑色にして欲しいというのが個人的な願望。
エネルギー276kcal
糖質11.7g
脂質12.6g
食塩相当量2.2g
たんぱく質24.3g
5食目
塩ダレハンバーグ

塩ダレハンバーグ

ハンバーグに関しては意外とモサモサしており、普通のハンバーグのようなジューシーさはありませんでした。あとタレが正直少なかったです(このカロリーと糖質の低さを考えると仕方ないのかもしれませんが)。ちなみにカリフラワーと椎茸、パプリカ達とは2度目のマッチアップです。
エネルギー300kcal
糖質9.7g
脂質17.8g
食塩相当量2.0g
たんぱく質23.2g
以上が「お試し5食セット」の実食レビューでした。

GOFOOD(ゴーフード)を試して感じたメリット

GOFOODを実際に利用してみて感じた良い点・メリットは以下の通りです。

  • 手軽に糖質制限ができる
  • たんぱく質と脂質を豊富に摂取できる
  • 糖質制限食にしては味は申し分ない
  • ボリュームがあり腹持ちも良い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

手軽に糖質制限ができる

手軽に糖質制限ができる

糖質制限で1つの障壁になってくるのが「手間」。毎回の調理は手間ですし、いつしか面倒になって挫折してしまいますよね。

僕も一時期糖質制限に挑戦したことがありますが、怠惰な性格のせいもあってか長続きしませんでした。

しかしGOFOODの場合、レンジでチンするだけで本格的な制限食が食べられます。もちろん調理や買い出しは一切不要。

時短は正義なのだ!

くるみ

自分のように面倒臭がりな人ももちろんのこと、仕事や家事で料理する時間が中々無い方でもお手軽に糖質制限ができるのはとても助かりますよね。

たんぱく質と脂質を豊富に摂取できる

GOFOODのメニューはどれも糖質量が抑えられており、高タンパク質、かつボリュームもたっぷりなのが非常にお勧めです。

引用元:GOFOOD公式サイト

低糖質にする代わりに多く摂るべき栄養素としてたんぱく質や脂質が挙げられますが、GOFOODに関しては全メニューそれらが多く含まれているため問題ありません。

健康を害する可能性もある糖質制限ですが、医師が推奨しているかつ他の栄養素はたくさん摂取できるのは安心ですね。

糖質制限食にしては味は申し分ない

糖質制限食にしては味は申し分ない

「こういった制限食って味はまずまずなんだよなぁ」と思っていた時期が僕にもありました。

しかしGOFOODの場合は、飛び跳ねるほど美味いとまではいかなくとも「あ、これまた食べたいな」と思えるほどの美味しさではありました。

ブロッコリーやパプリカといった定番の副菜に関しては正直そこまででしたが、何より主菜がいい味出してるんですよ。今回食べた中で言うと特に「鶏チンジャオロース」。

タレも上品な味で肉も柔らかく、制限食の面影は全くありませんでした。

でも美味しいせいで逆に白米が欲しくなる…

くるみ

「味が無機質な感じでどうも制限食が続かなかった」という方でも、もしかしたらGOFOODなら続けられるかもしれません。

ボリュームがあり腹持ちも良い

ボリュームがあり腹持ちも良い

GOFOODは今まで食べてきた宅配冷凍弁当サービスの中でもトップレベルにボリュームがありました。お世辞抜きで。

企業側が各メニュー1食でその日の1食を置き換えるのを推奨していることもあり、満腹感があり腹持ちも良かったです。食べ盛りの方や男性の方ならまだしも、女性の方なら1食でかなりの満足感になるはず。

よく冷凍弁当を検討する際に気になる量やボリュームの面ですが、GOFOODにおいては全く気にしなくていいのではないかと。

GOFOOD(ゴーフード)を試して感じたデメリット

逆に、利用してみて感じた残念な点・デメリットもあります。それは以下の通り。

  • クオリティは高いものの料金が高い
  • 送料が1000円以上と高くなりがち
  • 同じ副菜が続くことがあり飽きやすい
  • ご飯のお供には向いてない

クオリティは高いものの料金が高い

クオリティは高いものの料金が高い

(都度購入の5食セットの場合)1食あたりが696円、とお世辞にも安いとは言えない値段です。

制限食だとどうしても高くなりがちですし、その値段相応の美味しさやクオリティではあるのですが、そうだとしてもこの値段は高いと言わざるを得ません。

お得に試せる「お試しセット」を利用して、自分にとって値段相応の価値があるのかをまずは見極める必要があるでしょう。

送料が1000円以上と高くなりがち

送料が1000円以上と高くなりがち

加えて送料もかなり高い。ここも大きなデメリットに感じました。

送料についてでも触れたように、離島なら2000円以上、本土の場合でもアベレージで1000円以上はかかってしまいます。

20食セットを購入した際は無料にはなりますが、数的にハードルが高いですよね。

配送日も指定できますし利用しやすさに関しては文句無いのですが、いっそのこと「定期便にしたら毎回送料無料」にしてくれてもいいのでは…というのが本音です。

同じ副菜が続くことがあり飽きやすい

同じ副菜が続くことがあり飽きやすい

1番のデメリットに感じたのはこれ。複数のメニュー間で同じ食材(副菜)が入っていることがあります。

実際僕も食べていて「またお前か」と、前に食べた食材達と因縁の邂逅を果たすことがありました。

代表的なのは以下の4種類。

ブロッコリーカリフラワー
パプリカしいたけ

これらの食材は栄養価が高く、「糖質は抑えつつそれ以外の栄養素を豊富に摂取できる」というメリットもありますし、何よりサービスのコンセプトのため複数のメニューに含まれているのも仕方ないのですが…

とはいえもう少しレパートリーを増やして欲しいよね

くるみ

被るのが食材だけならまだしも、調理方法や味付けまで完全に同じ副菜が入っていることもあります。

味に関しては申し分なくリピートする意欲を削ぐ要因にはならないかと思います。

ですがどうしても同じメニュー・食材が続いてしまうと飽きてしまいますし、続けやすさを重視したい方にとってはここが1つのネックになり得るかもしれません。

ご飯のお供には向いてない

ご飯のお供には向いてない

他の宅配冷凍弁当サービスの場合だとご飯は自前で用意しおかずを冷凍弁当で補う、もしくは冷凍弁当がその前提のつくりになっていることがほとんどですが、GOFOODの場合はその性質上ご飯のお供には向いていません。

その理由は以下の通り。

  • 主菜と一緒に食べる前提の味付けなので副菜の味付けが薄い
  • 糖質制限を目的にしているためそもそもご飯と一緒に食べることを前提としていない

「味付けの濃い冷凍弁当がいい」「宅配弁当をご飯のお供として利用したい」という方には正直あまりおすすめできないかなと。

GOFOODとnoshはどっちがおすすめ?比較してみた

同じように気軽に糖質制限ができる宅配冷凍弁当サービスとして「nosh」がありますが、どちらも似たり寄ったりなのでどちらが自分におすすめなのが気になりますよね。

GOFOODのロゴnoshのロゴ
料金(1食あたり)696円698円
美味しさ
ボリューム
栄養バランス
続けやすさ

そこでGOFOODとnoshを比較してみると上のようになります。

結論から述べると、ボリュームと糖質制限食としての質を求めるならGOFOOD、美味しさや続けやすさを求めるならnoshがおすすめです。

ここは冷凍弁当に何を求めるかによって変わってくるよ

くるみ

その他の大きな違いを挙げるとすると「メニューの量」と「更新頻度」ですかね。noshの方がレパートリーが圧倒的に多く、注文時のメニュー選択が楽しいです。

それでもどうしても選びきれないという方は、以下の記事でnoshを実際に利用してみた際のレビュー・評価とまとめているのでぜひ。
nosh(ナッシュ)冷凍弁当の口コミ・評判は?一人暮らしの大学生によるお試しレビューnosh(ナッシュ)冷凍弁当の口コミ・評判は?一人暮らしの大学生によるお試しレビュー

GOFOOD(ゴーフード)の口コミと評判

良い口コミ・評判

本格的な糖質制限食をレンジでチンするだけで食べられるのは本当に助かります。

加えて、思ったよりも肉がパサパサしていなくて「これ本当に制限食?」ってなるんですよね。分かります。

悪い口コミ・評判

野菜に好き嫌いがある人にとっては多少舌に合わないメニューがあるのも事実です。

椎茸・にんじん・ブロッコリー辺りが苦手な人はミスマッチの可能性があるのでご注意ください。

まとめ:GOFOODはこんな人におすすめ

以上、「GOFOOD」を実際に利用してみての評価とその口コミについてでした。

まとめると、GOFOODは以下のような方におすすめです。

まとめ
  • お手軽に糖質制限ができる宅配冷凍弁当を探している方
  • 味も良くボリュームもある制限食を選びたい方
  • 「ある程度同じ食材が続いても、味さえ良ければ続けられる」という方

気になった方は1度「お試しセット」でお試しするのがおすすめですよ。

お試しセットは500円OFF

GOFOODの公式サイトを見る

冷凍弁当で迷ったら?

宅配冷凍弁当のおすすめランキング

全20社を実際に食べ比べして厳選した冷凍弁当おすすめランキング。冷凍弁当選びで迷った際は参考にしてみてください。

冷凍弁当のおすすめランキングを見る

コメントを残す

この記事を書いた人
おはようポテトのプロフィール画像
おはようポテト

22年4月から自社開発企業のWebエンジニアとして働く大学生。このサイトでは主にプログラミング・WordPress・宅配冷凍弁当について発信しています。お問い合わせはこちらよりどうぞ。